ホームボタン
シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。



その具体例として挙げられるのは、最近になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが特徴です。それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいといったことも他のシミとの大きなちがいです。

私の母が朝洗顔するときは、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。
母は水だけで顔を洗うことにしています。母は、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌のためによくないから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説をよく話します。そんな母は65歳にもか替らずピカピカしています。

乾燥肌の人はとにかく保湿することが大切です。
乾燥肌の人は保湿を外からも内からもして下さい。外からとは、肌に直接水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)補給を行って、保湿をしてあげるということです。洗顔するときは低刺激の洗顔料を使うか、何も使用しないでぬるま湯で軽く表皮に付いた汚れを落とすように洗顔しましょう。

顔を洗い終わったら、すぐに保湿することを忘れないで下さい。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て結構ビックリしました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをその通り表しているように思えました。



この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どんなに疲れて帰宅してももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。
ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。
元々、私は大抵、美白を考えているので、年がら年中、美白タイプの基礎化粧品を利用しています。


やはり、用いているのと利用していないのとではまるっきりちがうと思います。美白タイプの製品を使い出してからはシミやくすみがさほど気に留めなくなりました。

ここ最近話題の一日1食健康法ですが、どんな若返り効果があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。



食べ物を欲している状態になるとホルモンの分泌量が増加すると言われており、それに起因する若返り効果があるようです。



たとえばホルモンが増加すると、シワ。

さらにたるみの発生を抑えるなどです。お肌にダメージがあると、そこがシミになる時があります。日常においては、外出時の日焼けがあります。赤く痛むときは持ちろんの事、何も感じなくても本当は軽い炎症が起こっています。
健康肌の秘訣とは、紫外線が鍵なのかもしれません。
肌が薄いとされる人の場合、シワが創られやすいようになっているということは、意外に知られていないかもしれません。もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。肌を見て血管が薄く透けて見えている人は、それだけ薄い方だと思っておいていいかもしれません。どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと皮膚に厚みがあると、そこに水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。キメが整った若々しい肌は誰しもあこがれるお肌ですよね。美しい肌を保つためには、1にも2にも保湿が一番です。
しっかり潤いを持ちつづけている肌はトラブルにも強くて、ピンとはりがあります。そして、保湿の為に意外と必要と言われているのが、日差しから肌を守ることです。紫外線は乾燥指せてしまいますので、適切なケアをすることが重要です。

私の肌は乾燥しやすいので、肌の手入れにはオイルを使うことにしています。オイルを使ってのマッサージを行ったり、オイルパックを利用したり、そして、クリームのかわりにオイルを使用しているので、乾燥しづらい肌になりました。いつ持つるんとしている肌になれてとても嬉しく思っています。
Copyright (C) 2014 メークアップで美しくなる!! All Rights Reserved.